本当にいいの?

事務所内打ち合わせ、作業。
午後に帰県。
内灘町、津幡町訪問。

震災財源についてバラマキ政策をあらためろ、との一部の論調に対して残念に思います。
左足が怪我したからといって、右足のギプスを外して左足に付けていいというわけではありません。
日本財政は重い荷物を背負ってしまっている状況で、その根本の原因を解決しないと左足の治療もままなくなくなります。
子ども手当や農業の個別所得補償制度。
これらは日本経済の基礎体力が弱まってきていることに対し、そして国防上かつ経済戦略上に有用な施策です。
今までにない目に見える税金の使い方に
「バラマキ」
という安易な批判に対し、無責任さを感じずにはいれません。

前の記事

次の記事