東北関東大震災対応①

穴水町、門前地区を訪問しヒアリング。震災経験地として生かせるものがないかとの思いです。
現在進行の人命救助には、残念ながら今の私には為せることはありません。私も宮城県で3年半滞在していました。数多くの方の顔や景色が思い浮かんできてすぐに駆け付けたい、安全を確認したいという思いはありますが、辛いですが個人的な思いはおいて、次の段階での貢献に向けて準備をしなければいけません。

一般的ですが、いま私達に出来ることは

①義援金を送る
②節電
③物資を送る
④ボランティアに参加
です。

①どこにお金を持っていたらいいのか分からない、という方は「民主党」が窓口となり、一定期間ごとに日本赤十字などの団体へと一括寄付をすることにより、被災者の皆さんに渡るようになります。民主党や私の事務所がお金を預かって、直接誰かに渡す、ということではありません。少しであっても、善意を積み重ねれば大きな額になります。振り込みなどは、以下の民主党本部に設置された口座へ、手持ちをいただける場合には私の事務所へご連絡ください。
・郵便振替の場合  「民主党募金口座」  (記号)00110-6 (番号)65328
・銀行振込の場合  (りそな銀行衆議院支店・普通預金) 「民主党募金口座」
               (店番)328 (口座番号)7815354
・手渡しなどの場合  「こんどう和也事務所」石川県七尾市古府町ワ部45-2 
                TEL:0767-54-5005 FAX:0767-54-5009 

②小さな力の集合体が大きな力です。ご協力を願えたらと思います。

③物資の送付が現地に余分な負担を与えることにもなりかねません。被害地域が広範かつ、被災地域によっても必要な物資が異なり、分配システムが外から見て機動的に稼働しているかが不明な今は控えていただいた方がいいと思われます。

④今は人命救助最優先の中、逆に足手まといになりかねません。準備にとどめなければいけません。

ただ、③④は今後は必要になってくるものです。

③食料以外はこんどう事務所にて一時預かりはいたします。現地受け入れ態勢が整い次第、早急に送付手続きをいたします。
④具体的に準備は整ってはいませんが、現地受け入れ態勢が整い次第、派遣要請にお応えできるような名簿管理をしたいと思いますので、まずは、ボランティアに行く意思がある、時間が取れる、そういった方はまずそうした意思を当方にお知らせください。

上記①~④以外も含めて、県、市、町、広域組合、国、それぞれの役割分担を今後決めていく可能性があります。
変更も含めて適時お知らせしていけたらと思います。

疎開受け入れをしてはどうか、という声もいただいています。
出来ること出来ないことは様々あるとは思いますが、ご意見ご提言等いただけたらと思います。

なお、ツイッターでの情報提供は極力控えさせていただいています。情報過多による重複や混乱を避けたいとの思いです。申し訳ありません。

今の私に出来ることを噛み締めながら動いています。
被災地としての経験を生かす、官民との協力体制の構築・協力等、ありとあらゆるものを超えた対応を取っていきたいと考えています。

今、被災されていない皆さん、頑張りましょう。

前の記事

次の記事