保険業法見直しへ前進

農林水産政策会議。
続いて財金は4時すぎまで。PTA共済や保険医協会の休業保障共済等の各種自主共済の実質的な存続を図っていくための法案を今国会で提出していく方針となりました。小林興起議員の質問で出た回答ですが、自主共済問題についても、小泉・竹中改革の歪んだ意図が見え隠れしています。
午後からの参考人で来ていただいた教授の意見の一つに、経済成長だけでは賃金上昇、資金需要上昇、金利上昇で国の債務は減らないというものがありました。正直、嫌な仮説ですが、説得力がありましす。
終了後、予算委員会応援。
資料をまとめ急いで羽田へ。
明日も忙しくなります。

前の記事

次の記事