桜の季節と長谷川等伯展

上野公園の寒桜(かんざくら)  

春が待ち遠しいですね。

金融ボーイズ打ち合わせ。シティバンクの関係者と勉強会。GPIFの新理事長決定を踏まえ、今後の動きを検討しました。
桜井県議来所、打ち合わせ。
本会議。子育て支援についての趣旨説明と質疑でしたが、残念ながら自民党は欠席。
JA関係者との打ち合わせが流れ、空き時間を利用して長谷川等伯展へ。
今年は七尾が生んだ天才画家、長谷川等伯が没し400年。年代ごとで絵の「色合い」(私自身、絵の素人でありこのような表現しかできないことを恥ずかしく思います。実際に観ていただけたら私の言わんとすることもご理解いただけると思います。)がガラリと変わっていて、才能の深さ広さ素晴らしさを感じ、正確には私は七尾市ではありませんが、「同じところに生まれて誇りに思う」と自己満足に浸ってしまいました。

今日から3月22日までの一月間、長谷川等伯展が東京国立博物館の平成館で開催されています。入館料はかかりますが、是非とも観ていただけたらと思います。(中学生以下は無料です。)

実際には浸るには時間は短すぎ、ダッシュで国会に戻り、郵政改革ワーキングチームに参加。

郵貯簡保の上限額、商品内容についての集中討議を行いました。
今週中にもさらに行われる予定です。

前の記事

激論

次の記事