新幹線の行き先は広島。
広島市安佐北区白木町で災害ボランティア。
斜面から流れてきた泥を土嚢袋に入れ、応急処置的な堤を作る作業。
被害が比較的軽微(他地域と比べて)なところは行政の手が後まわしになりがちです。致し方ない部分は当然としてありますが、このようなところこそボランティアの力が必要とされているとも感じました。TVに映っているところばかりが被災地ではない、東日本大震災でも被災地の方から言われた言葉です。

前の記事

次の記事