臥薪嘗胆692

内灘町清湖大橋で朝の街宣。
かほく市内、羽咋市内、中能登町内、七尾市内訪問。
夜は金沢市で会合。

解散風は本物か?
女性の活躍推進も地方創生も保身選挙の前にはたいしたことではないということか?
「足の引っ張り合いをやめて、政策論議をしましょうよ!」
これは誰のことばだったのでしょうか。

私は負けない。
歴史問題をぶり返し近隣国との関係をいたずらに悪化させ国民の安全を脅かすことはやめよう。 歴史を乗り越えて日本人の安全をつくろう。
TPP推進や憲法解釈の変更、特定秘密保護法、原発2030年代ゼロを目指すことを破棄するなどロクな説明もなく、だまし討ちのような政治ではいけない。誠実な政治をしよう。
戸別所得補償制度の廃止、一括交付金の廃止、高校授業料の無償化廃止。前政権の否定をせんが為に、犠牲になっているのは誰?建設的な政治をしよう。
消費税増税分が結果として社会保障にすべてまわっているわけではない。そして約束をした議員定数の削減は出来ていない。国民の税負担の痛みを理解した政治をしよう。

私は勝ちたい。
臥薪嘗胆
捲土重来。

前の記事

691

次の記事

臥薪嘗胆693