ねじれ200

小松市日吉神社で一川保夫参院候補出陣式からスタート。
終日、金沢市、野々市市、白山市で街宣や個人演説会など。

東日本大震災下で特例公債法を盾に、被災地の復旧復興のみならず日本全体の景気の足を引っ張るなど、ねじれを悪用し国政の停滞を招いてきた方々が、ねじれ解消の必要性を説く滑稽さ。
それに対し、
6年前の被災者生活再建支援法改正において、ねじれを有効活用し能登の被災者の生活再建に貢献した一川保夫さん。

「ねじれ」をどうするかが一つの争点となっています。
がっぷり四つで組めば私達に分があると確信しています。

前の記事

199

次の記事

201