首班指名で野田佳彦さんが選出。
代議士会、本会議での高揚感も、本来はこのような交代劇はあってはならないものだと考えると、もどかしい思いもします。
政治家が政治の足を引っ張らない。それぞれが、有権者から選ばれたリーダーとしての自覚と、国政を担ぐ一馬力としての自覚をもって、国難に立ち向かっていかなくてはいけません。
恩讐をのりこえて、スタートです。

前の記事

次の記事

めしは飯