中能登町、七尾市、志賀町、羽咋市、かほく市、津幡町、金沢市内訪問。

いつになったら分かっていただけるんだろう?
という場面と、
こんな状況にもかかわらず・・・
という場面が交互に訪れた一日でした。

「何を話すか」より「誰の口から話すか」が大事。
その信頼される「誰」に 認めていただくことが、次なる一手、時代を進める一手を打てる資格を持つのだと思います。

追い風におごらず
向かい風にひるまず

次の総理を選ぶ製造者責任を感じ考えながらも
現状への失望や批判、いくばくかの期待をしっかりと受け止め、私なりに消化し、行動に起こしていくことが、今の私が果たすべき役割です。

接しさせていただく、すべてが日本の未来につながる。
役割をしっかりと自覚をし、明日も活動を行います。

前の記事

次の記事