4e11ce87d353c-dsc_0213.jpg  着々と進んできています。

七尾市倫理法人会は会長挨拶まで。
小松空港から東京へ。
上野からスーパーひたちに乗りいわき市へ。
今日は震災対策本部福島県対策室として訪問。
室長の稲見議員、江崎議員とともにいわき市内の広野町仮役場を訪問。
山田町長からはいつも沢山のご示唆をいただくのですが、今日は「情報伝達の丁寧さがなさすぎる。」とのこと。
細野大臣の発言に関してや、火力発電の稼働の件など、ごもっともです。当事者の皆様への配慮をしっかり行わなければいけません。
放射線量の測定や除去作業についても、教育施設だけではなく、通学路も急いでやって欲しいとの要望もいただきました。

楢葉町災害対策本部いわき出張所を訪問。
鈴木副町長、松本災害対策本部長、鈴木秀雄町議、山田昭町議から仮設住宅の進捗状況と現状の課題をヒアリング。
意見交換後、高久地区の仮設住宅を視察。
入居前の検査体制の見直しや、いわゆる「6点セット」の製造・納入・設置のスピードアップは喫緊の課題です。
仮設住宅に入居される方々のサポート拠点の設置も関係自治体、さらにはNPOの協力を得て進めていかなくてはいけません。

いわき市役所へ移動。
被災自治体でありながら、「受け入れ自治体」でもあるいわき市。
仮設住宅の状況だけでなく、行政サービスの問題点についてもお話をいただきました。
雇用促進住宅のクーラー補助についても要望をいただきました。

再びスーパーひたちで東京へ。
会合1件。

前の記事

次の記事