・予算委員会傍聴応援
途中に抜けて
・財務金融部門会議
第一次補正予算の財源確保法、そもそもとしての特例公債法、上乗せ部分を見送った子育てに関する支援策や高速道路料金割引等の扱い、一次補正で使う予定だった剰余金を使うことによって不足する年金財源の手当て、震災復興債の発行と財源、税と社会保障の一体化について、等について野党と議論をしていくことを合意していきたい旨の説明と議論。
(長ったらしく、かつ、分かりにくい表現でスミマセン。流動的かつ、扱いの非常に難しいものですが、来週のFMかほく「こんにちはこんどう和也です」で時間を多く使って説明いたします。)

前の記事

次の記事