・農林水産部門会議
震災被害状況について。茨城県を中心とした風評被害については激しいやり取りがありました。
・農林水産委員会
家畜伝染病予防法改正案が可決されました。口蹄疫等への対応に即効性、柔軟性さらには予算のバックアップ体制の拡充が図られます。
・代議士会、本会議
家畜伝染病予防法改正案、地方交付税等改正案の採決、可決。
・財務金融委員会
関税定率法改正法、IMFや世界銀行等への出資措置の法案、昨年成立した中小企業金融円滑化法(モラトリアム法)の審議、採決、可決。
3月14日以降、特に福島原発の状況が特に厳しくなってからは金融マーケットを閉じた方がいい、というご意見を多数いただきました。ただ、「金融インフラは大丈夫」というメッセージは日本の信頼性の確保、しいては震災からの復興にもつながっていきます。我慢いただいた皆様に感謝申し上げます。

前の記事

次の記事