朝から県内で諸活動。
夜に後ろ髪ひかれる思いもありながら東京へ移動。
明日から通常国会です。

この通常国会からの委員会所属が決定しました。
引き続き農林水産委員会と再度の財務金融委員会、さらには災害対策特別委員会です。
農林水産業は
地方経済の観点からは産業政策として、
高齢化社会の観点からは社会保障政策として
さらには環境、食料安全保障など、一面的な利益誘導ではなく、多面的な対策が求められます。
私自身はさらに、食と農林漁業再生強化PTの役員メンバーとして、委員会とのつなぎ役をはたしていくことも重要な役割となります。
財務金融委員会は再登板となります。
財政健全化は今国会でも大きな争点となります。 年金制度改革も含めての財源議論は避けて通れません。ただし、日本経済は改善の兆しが見えてきつつあるとは言ってもまだ病みあがり、皮膚感覚ではまだ38度以上の熱が出ていることは間違いありません。高熱のまま体質改善をはかろうと寒風のもとに放り出してトレーニングをするようなことがないようがないよう、注意しすぎても足りないほどの絶妙なハンドリングが求められます。金融ボーイズとして委員会、党、政府に対し、生きた情報のもとでの提言をしっかりと行っていきます。

景気回復、地方再生、財政再建、いずれも非常に重い課題を抱えた通常国会です。
郵政改革、派遣法改正も含め、未来から振り返る時に、分水嶺だったと言われる国会になることは間違いありません。
101パーセントの力をふりしぼって頑張って参ります。

前の記事