年末街宣二日目

   

4d1c9663076bd-20101230231900002.jpg

年末街宣二日目。
津幡町河合谷からスタート。緑ヶ丘、清水交差点、津幡郵便局、アルプラザ横、内灘町向陽台交差点、向粟ヶ崎公民館、鶴ヶ丘、かほく市内日角交差点、外日角とまと、高松中央、宝達志水町今浜交差点、子浦交差点。
かほく市では一時横殴りに近い雪に断念しかけたものの続行。宝達志水町に入った時からは雷まで発生。電柱に身を寄せての街宣。
気合ではどうしようもできない自然の驚異に出来る限りの努力はする。政治も経済も似たようなものかもしれません。
夜は七尾で高校の同級生と忘年会。 シャツに張ったカイロではもう温まらないほど体の芯まで冷えてしまっていましたが、なにげない気の張らない会話に心の中から温まりました。

前の記事

能登の希望

次の記事

好天と好転