午前中は来客一件と国会事務所内まわり。
午後からは
今臨時国会提出法案の概要説明。短い会期の中で、前国会からの郵政改革法や労働者派遣法等の法案の積み残しも含め、忙しい国会となりそうです。
財務金融部門会議。各種団体からの要望ヒアリング。
政調会長補佐打ち合わせ。写真奥の中心が玄葉会長、左隣が城島光力政調会長代理。その他が11人の政調会長補佐です。

11人の侍で、政調の円滑な運営と政治主導を実現します。

補佐打ち合わせ
政調役員会。議員立法については石川県連代表でもある一川保夫参議が取りまとめ役となることになりました。
港湾振興議連。日本海拠点港についても話し合われました。
夜に懇親会2件。

日銀の金融緩和については詳しい情報を確認していませんので迂闊なことは言えませんが、少なくとも相当な「覚悟」を示しているのではないでしょうか。悪い意味ではない「非常識の構え」と表現できるのかもしれません。
ただ、これで一時的に円安に仮になったとしても、基本的な円高の流れを変えることにはならないということ。そして、これで景気を劇的に好転させる本力とはならないことは認識しておく必要があります。

「政策出動」。
真打ちの登場で中央突破、これしかありません。

前の記事

次の記事