津幡町長選挙は残念な結果になりました。これも民意と言われればそれまでですが、あんな圧力的な姿を見せつけられて、素直に受け止めたくはありません。
王国と言うより帝国と言ったほうがいい相手に立ち向かっていただいた前田さんと応援をしていただいた皆様、前田さんに投票していただいた方々、本当にありがとうございました。
足を引っ張ってしまった部分は否定をしません。申し訳ありません。

前の記事

勝ち猫に祈りを

次の記事

酷いからこそ希望がある