ベール

スタジオで1時間ほど写真撮影を行いました。
近日中にスーツを脱いだ私の写真がデビューするはずです。
暑くてもスーツ、寒くてもスーツ、を貫いてきました。
「暑苦しい!」「コート、無いの?」
と言われたこともあります。
しかしそれでも頑固に貫いてきたのは、どのような時でもお客様に対して、顧客第一主義を貫くという姿を自分自身の姿で体現するという、証券マンとして守ってきたひとつのポリシーであるとともに、
能登半島では日中にスーツ姿で歩いていることが「目立つ」からでもあります。

そして、今ここにいたり、多くの方々のご意見を賜り、決めました。

変化します。

私個人のささいなプライドよりも、支えていただいている方の勝利への思いの方が重い。

頑固さと柔軟さを勉強しながら私は進化します。

ベールを脱いだこんどう和也。
田舎道でも気づいていただけるよう存在感を身につけるべく頑張ります。

前の記事

10万キロ