あきらめを希望に

今日は郵便局の山本さんと同行訪問。
一つ一つの集落の一軒一軒、おじいちゃんおばあちゃんの一人一人に至るまで把握されていることにあらためて郵便局の大切さを感じます。

郵便局を守る、これが地方を守ることになります。
石川3区の皆さん、石川3区を故郷としている皆さん、
そして、ふるさとが石川3区のような山や田んぼの緑豊かな、海の藍が美しい地域の皆さん、

力をかしてください。

地鳴りのような皆さんの政治が変わることへの渇望をひしひしと感じます。
しかし、「どうせだめやわいや」という諦めもまた同様に感じます。
あきらめを希望に変える!これが私の最初に果たす役割です。
しっかりと頑張ります。

「休みの日にありがとうございます。」
「お礼は当選してから言ってくれ。」

山本さんとのやり取りです。
様々な方との会話で出てくるやりとりですが、その度ごとにジーンときます。

歩きます、走ります。
今の私にできることはただ、それだけです。

前の記事

手造り

次の記事

2年