安易すぎてため息が・・・

「経済指標の改善が見られ・・・」
等の与党関係者からの発言にただただ、ため息が出るばかり。
前月比と前年比の区別もついていないのではないでしょうか。
彼らの楽観論は
40度を超えるんではないかという39.5度の高熱から38.5度の高熱に下がった状況を見て
「もう大丈夫だ」
と言わんばかりです。
本当に大丈夫なんでしょうか?
一軒一軒、一人一人話を伺うかぎり、皆さん高熱にうなされています。
「前月より体温が1度改善した、良くなった」
とはいかないんです。

「声を聞け」「体温を肌で感じろ」
与党の方々に投げかけたい言葉です。
さらには
「大本営発表は止めて」「素人の生兵法はご勘弁」
という思いです。

車を運転しながら「はぁ・・・と、ため息です」

次の記事