近藤和也オフィシャルサイト
衆議院議員『こんどう和也』公式ホームページです

ログインskip to content

Archive for 12月 13th, 2007

現場にいた立場から

木曜日, 12月 13th, 2007

証券税制が話題になっています。譲渡益税、配当への課税についてですが、どうしてもう少し簡素化に、そして国益(この場合の国益とは国民の幅広い利益)となるよう考えていけないのか常々憤りを感じます。税金は取るものなのか払うものなのか、その立場の違いによるところが大きいと思いますが、変更することに振り回される投資家や証券会社の負担増、それによる投資家離れを考えに入れない税制変更は本末転倒です。資本主義経済の目指すところは究極は「株式会社日本」の株価上昇とそれにともなう配当増です。配当増とは言いかえれば国民へのサービス向上です。投資の大原則は中長期投資。証券税制にも中長期的な視点を持ち込まないと「貯蓄から投資へ」のスローガンも掛け声倒れになってしまいます。
現場は困っています、怒っています、泣いています。そして投資家は呆れています。

カレンダー

2007年12月
«   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

記事のカテゴリ

月別の記事

こんどう和也事務所
石川事務所
〒926-0054 石川県七尾市川原町60-2
TEL:0767-57-5717
FAX:0767-57-5743

国会事務所
〒100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館819号室
TEL:03-3508-7605
FAX:03-3508-3985

E-mail:ishikawa3@kondokazuya.com